RAD Studio 10.4.2 リリース!詳細はこちら

Python、C++、VC。新ツール登場!詳細はこちら

製品利用の情報はサポートナレッジベースで

デベロッパーTVはYouTube Liveで次回は7月20日(火)17時から

RAD Studio 10.4.2 旧バージョン

Windows、Android、iOS、macOS、Linux向け開発で5倍の生産性を実現

RAD Studioの最新バージョンでは、旧バージョンライセンスを使用することができます。旧バージョンを必要としている方も、最新バージョンをお求めください。

※ 旧バージョンのRAD Studioで開発されたアプリケーションは、最新のOSプラットフォーム、データベースなどに対応していません。旧バージョンから最新バージョンへの移行を検討している方は、こちらのページをご覧ください。

RAD Studio 10.3 Rio、10.4 Sydneyでは旧バージョンも利用できます

提供しているエディション:Professional、Enterprise、Architect。またはRAD Studio 10.2 Tokyoの一部として提供。RAD Studio XE4~10.1 Berlin、Delphi 7および2007~XE3、C++Builder 6および2007~XE3、RadPHP XE~XE2の旧バージョンを利用できます。

※ いずれの旧バージョン製品も、発売当時の対応OS環境へのインストールのみをサポートしています。バージョンによっては、最新のWindows環境へのインストールに対応していない場合がございますのでご注意ください(最新環境でのインストール検証は行っていません)。

古いバージョンのDelphi / C++Builderによって構築されたアプリケーションは、最新のWindowsバージョンに対応していません。アプリケーションを安全かつ継続的に利用し、最新のテクノロジーを活用できるようにするためには、最新バージョンへの移行が必要です。

最新バージョンへの移行は、適切なアプローチに基づいて行うことで、比較的容易に完了させることができます。しかし、特殊なライブラリやコンポーネントの使用、古いデータベースアクセス技術を使用している場合などには注意が必要です。正しいアプローチを知るには、実際にどのような機能を使用して旧アプリケーションが構築されているかを把握することが重要です。まず、お持ちのアプリケーション資産の現状を把握するために、自己診断を実施してください。

自己診断を行う

※ いずれの旧バージョン製品も、発売当時の対応OS環境へのインストールのみをサポートしています。バージョンによっては、最新のWindows環境へのインストールに対応していない場合がございますのでご注意ください(最新環境でのインストール検証は行っていません)。

古いバージョンのDelphi / C++Builderによって構築されたアプリケーションは、最新のWindowsバージョンに対応していません。アプリケーションを安全かつ継続的に利用し、最新のテクノロジーを活用できるようにするためには、最新バージョンへの移行が必要です。

最新バージョンへの移行は、適切なアプローチに基づいて行うことで、比較的容易に完了させることができます。しかし、特殊なライブラリやコンポーネントの使用、古いデータベースアクセス技術を使用している場合などには注意が必要です。正しいアプローチを知るには、実際にどのような機能を使用して旧アプリケーションが構築されているかを把握することが重要です。まず、お持ちのアプリケーション資産の現状を把握するために、自己診断を実施してください。

自己診断を行う

旧バージョンライセンスの入手とダウンロードの方法

指名ユーザーライセンスの場合

  • 購入した製品のシリアルナンバーは、旧バージョンの取得にも使用します。このシリアルナンバーは、ユニークなEDNアカウントに対して登録しなければなりません。このEDNアカウントは、実際に製品を使用するユーザーのアカウントです。
  • 10.3 Rioをインストールしてシリアルナンバーを登録し、その後旧バージョンのライセンスを取得してください。
  • 10.x購入後、180日以内に旧バージョンのライセンスを取得してください。
  • このライセンスは、10.xを使用するユーザーと同一のユーザーに対して提供されるもので、他のユーザーに譲渡したり売却することはできません。バージョンアップ版の10.xライセンスを購入した場合には、バージョンアップ対象となった登録済みの旧バージョン製品と重複してライセンスを取得することはできません。
  • 旧バージョンは、コア製品に加え、Mobile Add-On PackとFireDAC Client/Server Add-On Packsについても提供しています。

10.4 Sydney、10.3 Rioユーザーが旧バージョンのライセンスを入手するには以下のリンクをクリックしてください。

  • Professionalまたは Enterprise: 通常版
  • Architect: 通常版
  • ネットワーク指名ライセンスまたはネットワークコンカレントライセンスを購入された方の場合、2007から10.2 Tokyoまでの旧バージョンライセンスは、ネットワークライセンスの一部として含まれています。各ネットワークライセンスは、ひとつのスイートライセンスとしてカウントされ、このライセンスに含まれるバージョンのうち、ひとつのバージョンを同時に使用することができます。
  • Delphi 7とC++Builder 6は、ネットワークライセンスには含まれません。そのため、購入したライセンスごとにDelphi 7とC++Builder 6のシリアルナンバーをひとつずつ受け取ります。
  • Delphi 7とC++Builder 6のライセンスは、ライセンスサーバーに統合することはできません。また、コンカレント(同時接続)ライセンスとして使用することもできません。

旧バージョンを必要とされる方は、RAD Studio 10.4をお求めください(製品購入後180日以内に必要な旧バージョンライセンスの取得を完了させてください)。

RAD Studio 10.2 Tokyo

提供しているエディション:Professional、Enterprise、Architect。またはRAD Studio 10.2 Tokyoの一部として提供。RAD Studio XE4~10.1 Berlin、Delphi 7および2007~XE3、C++Builder 6および2007~XE3、RadPHP XE~XE2の旧バージョンを利用できます。

※ いずれの旧バージョン製品も、発売当時の対応OS環境へのインストールのみをサポートしています。バージョンによっては、最新のWindows環境へのインストールに対応していない場合がございますのでご注意ください(最新環境でのインストール検証は行っていません)。

古いバージョンのDelphi / C++Builderによって構築されたアプリケーションは、最新のWindowsバージョンに対応していません。アプリケーションを安全かつ継続的に利用し、最新のテクノロジーを活用できるようにするためには、最新バージョンへの移行が必要です。

最新バージョンへの移行は、適切なアプローチに基づいて行うことで、比較的容易に完了させることができます。しかし、特殊なライブラリやコンポーネントの使用、古いデータベースアクセス技術を使用している場合などには注意が必要です。正しいアプローチを知るには、実際にどのような機能を使用して旧アプリケーションが構築されているかを把握することが重要です。まず、お持ちのアプリケーション資産の現状を把握するために、自己診断を実施してください。

自己診断を行う

  • Professionalまたは Enterprise: 通常版
  • Architect: 通常版、アカデミック版

10.2 Tokyoユーザー向けの旧バージョンライセンスの提供は、2019年12月31日で終了しました。

販売開始時期: 2017年12月

RAD Studio 10.1 Berlin

提供しているエディション:Professional、Enterprise、Architect。またはRAD Studio 10.1 Berlinの一部として提供。RAD Studio XE4~10 Seattle、Delphi 7および2007~XE3、C++Builder 6および2007~XE3、RadPHP XE~XE2の旧バージョンを利用できます。

※ いずれの旧バージョン製品も、発売当時の対応OS環境へのインストールのみをサポートしています。バージョンによっては、最新のWindows環境へのインストールに対応していない場合がございますのでご注意ください(最新環境でのインストール検証は行っていません)。

古いバージョンのDelphi / C++Builderによって構築されたアプリケーションは、最新のWindowsバージョンに対応していません。アプリケーションを安全かつ継続的に利用し、最新のテクノロジーを活用できるようにするためには、最新バージョンへの移行が必要です。

最新バージョンへの移行は、適切なアプローチに基づいて行うことで、比較的容易に完了させることができます。しかし、特殊なライブラリやコンポーネントの使用、古いデータベースアクセス技術を使用している場合などには注意が必要です。正しいアプローチを知るには、実際にどのような機能を使用して旧アプリケーションが構築されているかを把握することが重要です。まず、お持ちのアプリケーション資産の現状を把握するために、自己診断を実施してください。

自己診断を行う

  • Professionalまたは Enterprise: 通常版
  • Architect: 通常版、アカデミック版

10.1 Berlinユーザー向けの旧バージョンライセンスの提供は、2018年12月31日で終了しました。

販売開始時期: 2016年4月

RAD Studio 10

提供しているエディション:Professional、Enterprise、Architect

  • Professionalまたは Enterprise: 通常版
  • Architect: 通常版、アカデミック版
  • Ultimate: 通常版

10 Seattleユーザー向けの旧バージョンライセンスの提供は、2016年12月31日で終了しました。

販売開始時期:2015年8月

RAD Studio XE8

提供しているエディション: Professional、Enterprise、Ultimate、Architect

  • Professionalまたは Enterprise: 通常版
  • Architect: 通常版、アカデミック版

XE8ユーザー向けの旧バージョンライセンスの提供は、2016年7月1日で終了しました。

販売開始時期: 2015年4月

RAD Studio XE7

提供しているエディション: Professional、Enterprise、Ultimate、Architect

  • Professionalまたは Enterprise: 通常版
  • Architect: 通常版、アカデミック版

XE7ユーザー向けの旧バージョンライセンスの提供は、2015年12月31日で終了しました。

販売開始時期: 2014年9月

RAD Studio XE6

提供しているエディション: Professional、Enterprise、Ultimate、Architect

XE6ユーザー向けの旧バージョンライセンスの提供は、2015年6月30日で終了しました。

販売開始時期: 2014年4月

旧バージョンのRAD Studio、Delphi、C++Builderについては、販売終了しています。

システムの移行やメンテナンスなどで、旧バージョンを必要とされている方、移行のご相談がある方は、お問い合わせください。